Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/mtsupport01/mt-support.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

超簡単!サンキューレターでリピート率アップしよう

超簡単!サンキューレターでリピート率アップしよう

あなたはサンキューレターをうまく活用してますか?

サロンオーナーさんから
「リピーター獲得のために、今日からでも簡単に取組めることって何かありますか?」
とよく聞かれます。

そんな時確認することは、サンキューレターを取入れているかどうかです。
取入れているなら、どのような内容を書かれているのか?取り入れていなければ即導入をススメています。

サンキューレターがわからなくても安心してください!
今回、サンキューレターの解説も含め、書方から使うタイミングまでお伝えします。

こんな人におすすめ
サンキューレター初心者の方
リピーターを増やしたい方

わかること
サンキューレターって何?からわかりやすくお伝えします。
リピーター獲得との関係、サンキューレターの内容について理解できます。

超簡単!サンキューレターでリピート率アップしよう

サンキューレターって何?

サロンに来店してくれたお客さんへ送る感謝の気持ちを表した内容のレターのことを言います。

さらに付け加えるなら、
来店してくれたお礼と合わせて、予後を気にかける内容であったり、施術後のちょっとしたアドバイス的な内容のなども書き添えた内容であれば言うことはありません。

得られる効果としては、

・お客さんとの関係づくりができる!
・あなたやサロンを覚えてもらえる!
・リピーターになりやすい!

これらの効果を得ることが可能です。

渡すタイミング

サンキューレターを後日、「お客さんに発送する」ということがすごく大切です。

来店日から3日後なのか?1週間後なのか?とくに決まりはありませんが、目安として1週間以内には出すと良いでしょう。

サンキューレターは確実に『出す』『発送する』ということが大切です。
来店時のその場だけの関係で終わってしまっては非常にもったいないです。

あなたのことや、サロンのことを忘れてしまわないようにする役割をサンキューレターは担ってもいるので、必ずお客さんに送るようにしましょう。

取り組んでいないサロン多し

多くのオーナーさんは、サンキューレターがとても大切で効果的なことだと分かっていながらも、
「時間や労力をそこまで掛けたくない」
「費用対効果がみこめない」
「めんどう」

との思いで行動しないでいます。
こういったサロンは意外に多いんですね。

一方では、熱心に取組んでいるサロンでもやってはいけない事をしている場合がほとんどです。
それは「サービスの売込み」です。

取組んでいるサロンの多くは「売上をあげるため」のツールとした間違った使い方をしています。
サンキューレターで直接「売上」を狙うような使い方を、やってはいけません!!

正しく使う

最初の方でも少しお伝えしましたが、感謝の言葉も含め施術後の調子を心配する内容や、手入れなどのアドバイスであったりと全く売込みをしない内容でまとめることがもっとも重要です。

サロンを利用してくれたことに対しての感謝の気持ちと予後の心遣いが出来ていれば、お客さんは、
「とても丁寧」
「サービスがしっかり行き届いている」

といった感情を少なからずもつはずです。
そしてなにより「大切にされている」と感じるでしょう。

サンキューレター自体、多くのサロンで取り組くまれていないからこそ、さらに効果は絶大になります。

忘れてほしくないことは、
『サロンにとっては大多数の中のたった一人のお客であっても、お客にとっては、たった1つのサロン』だということ。

いつまで続けるの?

引き続き来店してくれるまでの活動としてお客さんをフォローし続けることをおこなえば、そのお客さんとの強い関係性を築くことができるでしょう。

再来店→レター発送→再来店→レター発送→…
この繰り返しを続けていくことが理想的です。
ずっと続けることでより強い関係性が築けます。

必ず読んでもらえるために…

ここではさらに一手間加えるだけで確実にお客さんに目を通してもらい、強い印象を残せる方法をお伝えします。

1.手書きで書く

パソコン文字が当たり前になっているからこそ、あえて手書きでサンキューメールを書いてみましょう。そこは面倒くさがらずに。

字が下手だってかまいません。綺麗下手が問題ではなくて、あなたの気持ちを伝えることが大切です。

あなたがとても大切に思っている人に書くような気持ちで書いてみてください。決して、ガチガチに堅い文にならないように。

住所など宛名も手書きで書くことがポイントです。
パソコン文字が溢れている現代では、手書きは目立ちやすく見てもらいやすいことがわかっています。

2.封筒などを目立つ色にする

必ず手にとってもらい、開封してもらえるように目立つ色にしてみることもありです。
ありきたりなデザインと色ならば、気付かずに処分されることもあるからですね。

3.使用するペンにこだわってみる

筆ペンをつかって、字に味わいを持たせてみてもいいですね。目立つことでより見てもらいやすい状態が生まれるし、楽しませることも可能です。

4.紙質にもこだわる

上質な紙でなくてかまいません。
少し肌触りに特徴のあるものや、厚さがあり重さのあるものなどで変化をつければ、感触で目にとまる確率は大きくなります。

人は無意識に得た感触が、印象やイメージに影響を与えることが心理学でわかっています。

同じ箱で中身のわからないプレゼントをもらった時のことを想像してみればわかりやすいでしょう。

一方は重い箱、もう片方は軽い箱。
重い方が、何か重要でかつ開けたい気持ちを掻き立てられるあの感覚ですね。

そういう理由から紙質にもこだわるとおもしろいですね。

まとめ

サンキューレターとは、
ありがとうを伝え、相手を気遣う内容にすること。
売り込むような内容は絶対に書かない。

繰り返し繰り返し、送ることで関係構築にも役立つとお伝えしました。

さて、今回どうだったでしょうか?
サンキューレターがリピーター獲得に貢献してくれることが理解できたと思います。
簡単に取組めるのでぜひ、あなたのサロンでも取組まれてみてくださいね。

集客や売上アップに関する疑問や質問、また聞いてみたいことがあれば、いつでもお問い合わせくださいね。

では…

リピーター獲得をまとめたページはこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*