Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/mtsupport01/mt-support.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

【夢を叶える】セルフイメージをコントロールして理想の自分に近づこう

【夢を叶える】セルフイメージをコントロールして理想の自分に近づこう

あなたは、自分自身にどのようなイメージを抱えていますか?

セルフイメージとは

セルフイメージとは、簡単に説明すると『自分が自分に持っているイメージ』のこと。
そして、そのイメージは決して1つだけではありません。

僕の場合だと、
・家族を大切にする父親
・祖母の言うことにはめっきり弱い孫
・のんびりと1人で過ごすことが好きな男
といったようなイメージを持っています。

このセルフイメージは、周りからの発言でも作られる場合もあります。

今回は、集客とは無縁に感じられる心(マインド)についてお伝えしていきます。
・思うように集客がうまくいかず気分が下がる
・目標売上をクリアできず苦しい
・経営者として自信がなくなってきた
そんな方にぜひチェックしてほしい内容です。

こんなことがわかります
セルフイメージをコントロールすれば、あなたが思い描いている理想の状態や自分に近づくことができます。


【夢を叶える】セルフイメージをコントロールして理想の自分に近づこう

セルフイメージが与える影響

セルフイメージが自分自身に与える影響は実に様々です。
抱えているセルフイメージによって、思考・行動・習慣・発言は変わってきます。

例えば、
「運動が苦手だ」というセルフイメージを抱えているならば、
いざ運動してうまく体を動かすことができなければ「あ〜やっぱり」「仕方ない」「だって運動が苦手だから」といった思いで頭はいっぱいになります。また同じような発言も出やすくなります。

そしてさらに「運動が大の苦手」「運動ができない」といった思考に縛られてしまい、終いには「運動は大嫌い」とそのもの自体を避けるようになります。

また周りの発言に影響を受けたセルフイメージを抱えることもあります。

「おしゃれだよね」と言われれば、「私はおしゃれなんだ」「センスがいいかも」といった思考パターンが生まれます。そして「おしゃれが大好き」「常におしゃれでなければ」といった思考をもとに行動も変化してきます。

このセルフイメージが、自分にとってプラスの要素を含んでいれば問題ないのですが、マイナス要素(ネガティブ要素の強いもの)が多いと本来持っている能力をうまく引き出せなくなってしまいます。

セルフイメージをコントロールする

先ほどの例だと
「運動が苦手だ」というセルフイメージを無理して「運動が得意だ」と変える必要はありません。

それは、強いストレスを発生させてしまいネガティブな感情(「やっぱり運動が苦手…」「運動は嫌い…」)をより強く引き出してしまうからです。

「運動が得意だ」といくら強く思っても、現実に身体能力はすぐ飛躍的には向上しません。

あなたが理想と現実のギャップで気分が下がっていたり塞ぎ込みがちになっていれば、少しずつ身の周りから変えていくことも大切です。

もちろん「うまくいく」「こんな状態は今だけ」と思い続けることも大切です。

例えば、
・今できることから少しずつ取り組んでみる
・あらゆるものに手を出すことをやめ、1つずつ取り組んで結果をみる

また理想の自分像とのギャップで悩んでいるのであれば
・普段の服装を理想に近いものへ変えてみる
・普段利用しない店を利用する
といったことも実は効果的です。

また「私らしくない」といったことを思う方法も効果的です。
失敗してしまった時や、うまくいかなかったとき、「やっぱり」「予測できていた」と思うのではなく「私らしくない」と思えば、セルフイメージを低下させることがありません。

セルフイメージの力

僕の友達には対照的な2人の女性がいます。
1人は、常にネガティブ感情を抱えている女性。
もう1人は、常に前向きに行動している女性。

Clard / Pixabay

ネガティブな彼女は、いつも変化を求めているけど決して行動には移しません。「私には無理」「できない」が口癖で、彼女のセルフイメージは「夢見るだけの私」といったところでしょうか。

かたやもう1人の彼女は、仕事も私生活も思いっきり楽しむタイプで、仕事上自分に必要なスキル向上のための研修だと思えば自費で渡米したり、スカイダイビングをやりたい思いでハワイまで行く半端ない行動力の持ち主です。この彼女のセルフイメージは「常に挑戦し続ける私」でしょうか。

僕はもちろん後者の彼女やその仲間たちと一緒に過ごす時間が好きです。

行動から→セルフイメージが作られることもあるでしょうが、
セルフイメージを大切にすれば、行動や発言・思考そして習慣まで変わってくることは間違いありません。

現状を打破したい、変えたいと思うならば、ぜひセルフイメージをコントロールしてみては?
それでは。

その他の目標達成に関する記事はこちらから

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*