Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/mtsupport01/mt-support.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

リピーターを増やしたいオーナー必見!お客がリピートしにくい3つの共通点

リピーターを増やしたいオーナー必見!お客がリピートしにくい3つの共通点

開業からある程度、期間が経てばリピーターがそれなりにいるもの。

しかし、一向にリピーター増えなければサービスや商品に対する自信や自分自身に対する自信が低下してきます。それはモチベーションの低下を招き、廃業へ向かって加速していきます。

今回は、お客さんがリピートしにくい理由3つの共通点についてとりあげています。

こんな方におすすめ
リピーターがなかなか増えず悩んでいる
新規客利用の割合が多い
リピーターが増えない理由を知りたい

わかること
リピーターが一向に増えない最大の原因には3つの共通点がありました。
この3つうち1つでも当てはまれば、今すぐ改善することをオススメします。

リピーターを増やしたいオーナー必見!お客がリピートしにくい3つの共通点

わかりにくい

リピートしない一つ目の理由としては、【わかりにくい】ことが上げられます。

・メニューや商品の名前が似ている
・内容の区別がつきみくい、またはつかない
・説明してもうまく伝わっていない
これらの可能性がおおいに考えられます。

この場合の対策としては、
・似たような名前を避ける
・内容の区別をはっきりさせる
・専門用語やわかりにくい言葉を避けて、写真や絵を使った説明をおこなう
などの方法で解決できます。

メニューや商品が他とどのように違うのか?そのもの独自のメリットは何かをわかりやすく伝えるように心がけてみましょう。

強く売り込んでいる

オススメするメニューや商品を選んで欲しいと思う気持ちが強く出てしまい、お客さんが望んでいないものを売り込んでいる可能性を考えてみましょう。

人は望んでいないサービスや商品を売込まれることが大嫌いです。
例えその時は購入に至ったとしても、その後リピートに繋がるとは考えにくいです。

対策として、お客さんの抱える悩みや問題そして要望をしっかり把握すること。

しかし気をつけてほしいことは、全ての問題解決をカバーできるパーフェクトのメニューや商品があったとしても、全てのお客さんがそれを選ぶとは限らないこと。

例えば、
・髪のパサつきが気になっていても、カラーで髪が傷むことに関しては関心が薄い。
・お肌のカサつきは気になっていても、小ジワ対策には関心がない

などのような意見を持っている方もいるということです。

このような場合はあくまで、メリットの一部でこういった効果もありますよ~と軽く説明しておくことがベストです。

オススメしているメニューや商品ではどういったことが実現できるのか、メリットとデメリットをしっかり把握したうえでその両方をお客さんに伝えることがとても重要です。

また金額を気にして選ばないといった選択も考えられるので、あくまで提案しているという姿勢を取るとお客さんも圧迫感を感じなくてすむでしょう。

欲しいと思えるものが揃っていない

そもそも、お客さんが必要としているメニューや商品が揃っていない場合も考えられます。

このパターンはあまり無いでしょうが、あれば致命的です。
またバリエーションが少なすぎることも考えられます。

僕がだいぶ以前体験した話ですが、
遠く離れた郊外の場所にパスタが美味しいと噂のレストランがあると聞き、友達とそこへ向かいました。

注文時、ドリンクのメニュー表にはアルコールのみしか書かれていません。
席についてもお冷は出てきませんでした。もちろんセルフサービスでも無い、そこそこおしゃれで安くはないところです。

僕は運転手だったので、お冷を要求すると
「うちではアルコール以外は出しておりません。アルコールを必ず注文して頂きます」ときっぱり断られました。

しかたなくアルコールを注文しましたが、僕が飲むことはできません。
車で行くしかないような場所のレストランで、運転手にさえアルコールを注文させる行為は少し常識外れもいいとこですが、まさにこれが悪い例です。

お客さんが欲しいと思えるメニューや商品がなければ、当たり前ですが次回の来店は厳しいものになるでしょうし、無理にでも既存のメニューや商品の中から選択させようものならイメージ低下は免れません。

ですから、ある程度のメニューや商品の数は必要になってくるでしょう。

まとめ

お客さんがリピートしない理由は様々です。
もちろん今回お伝えした3つの共通点以外にも、なんとなく雰囲気が合わない、オーナーとの相性が合わないなどいくつもあるでしょう。

しかし、雰囲気や相性など感性的な部分で嫌われてしまってはこちらがどう努力しようが相手に影響を与えることは難しいでしょう。

それよりも、改善できる部分に力をそそぐことでリピーター獲得は格段によくなっていくでしょう。

ぜひ今回の内容を参考にされてみてくださいね。

amazonランキング第一を取得した『お帰りなさい。お客が必ず帰ってくる個人サロンの集客術』がさらに読みやすく生まれ変わりました。
書籍『一生お客に困らないリピート率アップ術』の中には数々のリピーター獲得に向けた秘訣を収録しています。今だけ無料でプレゼント中です。

プレゼントはこちら
↓↓↓
無料登録後に書籍を受け取る

リピーターに関してのその他の記事はこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*