地方で日々頑張っているビジネスオーナーのための集客・売上アップ情報サイト

お一人さまマーケティング

メルマガ会員限定 【書籍プレゼント】

従業員募集で失敗しないために。これだけやればミスマッチを防げます

 
従業員募集で失敗しないために。これだけやればミスマッチを防げます
この記事を書いている人 - WRITER -
心理学の知識とマーケティングの知識を活かし、大分県を中心に「一人ビジネスオーナー」の為の「集客・売上アップ」 のサポートをおこなっている。一人で頑張っているビジネスオーナーがゆとりを持って働ける環境作りの提案を行う。

あなたは従業員募集で悩んでいませんか?

いざ募集してもなかなか応募がない。
短期間で辞めてしまう。
採用後にお互い相性が悪い…

そんなミスマッチな状況を少しでも防ぐため今回は「従業員募集」についてのポイントをお伝えしていきます。

こんな方におすすめ
従業員採用を考えている方
新たに従業員を雇おうと思っている方

わかること
従業員募集でおこるミスマッチを極力減らし、あなたも従業員も働きやすくなるためのポイントを理解することができます。

従業員募集で失敗しないために。これだけやればミスマッチを防げます

従業員募集=集客と考えよう

集客と従業員募集、どちらも人を集めるという点では目的は同じです。

集客では、
サービスや商品の特徴・ベネフィット、働く人の情報を発信することでお客さんを集めます。

従業員募集も同じように、
職を探している人にとって知りたい情報、有益な情報を発信することが望ましいことは必然です。

例えば、
・給料
・労働条件
・休み
・作業内容

を知ってもらうことはごく当りまえです。

その他にアピールポイントとして一般的に、

・働きやすい
・明るく楽しい
・アットホーム
などを並べている募集記事を目にします。

しかし、
具体的にどう働きやすいのか?
どう明るく楽しいのか?
といった詳しい内容までよくわかりません。

わかりやすく簡単に簡略化しすぎてしまっているため、これでは多くのライバルと比べて「差別化」がはかれません。

つまり応募予定者にとって
「働きやすい」
「明るく楽しい」
「アットホーム」
など簡略化した表現では、当たり前のことを意味なく伝えているだけにすぎず、これらは職場には絶対条件だからです。

だれも
「働きにくい」
「暗く楽しくない」
「コミュニケーションもなく冷たい人間関係」
の場所で働こうとは思いません。

しかし、
それをわざわざ伝えるということは、ほかにアピールポイントがないと思われても仕方ありません。

またこれらありきたりな言葉は、一般的に言うブラック企業が多用しているイメージがついてしまっているために、逆に警戒されてしまいます。

ここでの「差別化」は、
給料面をよくしたり、休日や待遇面で同業他社と差をつけることではありません。給料や待遇は良いにこしたことはありませんが…

あなたの
・仕事への思いや情熱
・あなたの夢
・お客さんへの思い
などを交えながら、わかりやすくアピールしてみましょう。
そうすることで、あなたの思いや夢を理解してくれた応募者が集まりやすくなります。

採用する時点でそのような一致ができていれば、採用後のミスマッチが起こりにくく後々大きなトラブルになりにくいです。

あなたと従業員が同じ方向に向かっているので、「思ったように行動してくれない」といった問題も起きにくくなります。

目的は違うことを理解する

オーナーのあなたと従業員の『目的は違う』ことを常に忘れないようにしてください。

私は以前働いていた職場で、経営者側と従業員側の目的のズレでかなり苦しんだことがありました。

従業員募集で失敗しないために。これだけやればミスマッチを防げます

中間管理職的立場にいた私は、両者の橋渡し的ポジションについていました。

両者とも取引先に喜んでもらいたいと思う気持ちは共通していましたが、それ以外での目的は大きく異なっていました。

 

【経営者側】は、
・理想の会社を作りあげたい
・売上は前年度の25%アップを目指す
・皆が楽しく、率先して働く職場にしたい
・従業員も経営を考えた職場作りをおこないたい

と目標をかかげている一方で、

【従業員たち】は、
・生活費のために仕事をしている
・きつい、汚いことはしたくない
・定時で帰りたい
・しっかり休みたい

といった本音をもっていました。

両者の間には大きなズレがあり、経営者側は常に「自分たちの目的に従業員は従うべきだ、共に目指すべきだ」と思い、従業員に無理難題を押しつけては、トラブルにつながるといったことの繰り返しでした。

もちろん取引先にも迷惑をかけては、謝罪をするといった状況が多々あり、従業員は半年の間にに半数が入れ替わるという状況が続きました。

もしあなたが従業員を雇うようなことがあれば、あなたと従業員の目的は常に違うことを、理解しておく必要があります。目的が違うことは当り前だからです。

ここで少しおもしろいデータがあるので参考までに。
某有名転職サイトの調査データです。転職希望者が一番重視するものはなにか?についての回答です。

【男性】
1. 給料 40%
2. 仕事内容 23%
3. 職場雰囲気 14%

【女性】
1. 給料 31%
2. 職場雰囲気 22%
3. 仕事内容 21%

オーナーのあなたが従業員とは目的が違うことを理解し、そのためにどう行動すべきか?常に思い行動すべきです。

ではどうすれば、お互いがWin Winの状況をつくれるでしょうか。

従業員が得られるメリットを伝えよう

すでに従業員を抱えている場合、何か新しいことを取入れるのであれば、それを取入れることで従業員にはどういったメリットが発生するのか一緒に考えてみてください。

決してあなただけでメリットを考えてはいけません。なぜならオーナーのあなたの独りよがりなものしか浮かんでこないことになるからです。

よかれと思って取組むことが、従業員にはそのメリットがうまく伝わっていなければ、不満が募ったりトラブルが多発する原因にもなります。

一緒に考えることで、オーナーのあなたと従業員が同じ方向を向くことができます。

また集客方法を取入れて採用した従業員であれば、すでにあなたの思いや方向性に一致しているので心強い味方になってくれます。

まとめ

従業員を募集するときは、仕事への思いや情熱、お客さんへの思いを伝えることを前提にアピールしましょう。

あなたの思いを理解してくれた応募者が集まりやすくなり、後々悩みを抱えなくてすむようになります。

くれぐれもありきたりな言葉を使ってアピールにならないアピールをしないように心がけてくださいね。

ぜひ参考にされてみてください。

この記事を書いている人 - WRITER -
心理学の知識とマーケティングの知識を活かし、大分県を中心に「一人ビジネスオーナー」の為の「集客・売上アップ」 のサポートをおこなっている。一人で頑張っているビジネスオーナーがゆとりを持って働ける環境作りの提案を行う。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© お一人さまマーケティング , 2018 All Rights Reserved.