fbpx

成功している個人サロンのネーミングに共通した3つのポイント

成功している個人サロンのネーミングに共通した3つのポイント

今回の内容は、サロンネーミングの重要性とポイントについてお伝えしてします。

こんな方に得にオススメ
・今から開業予定
・将来開業を考えている
・ネーミングに困っている

わかること
成功している個人サロンのネーミングと失敗してする個人サロンのネーミングの違いがわかります。

成功している個人サロンのネーミングに共通した3つのポイント

避けたいネーミング

simplu27 / Pixabay

難しい専門用語的名前…
馴染みのない外国語…
おしゃれを意識しすぎた長い横文字…
読めない造語…

何を売りにしているのか見込み客に伝わりにくいと非常にもったいないですよね。

多くの日本人にはまだまだなじみの薄いフランス語の店名もおしゃれだけど…
結局おしゃれというだけで終わってしまいがちになります。

別にフランス語のサロン名を否定しているのではありませんよ。

僕の経験ですが、以前こんなことがありました…

数年前に友達と出かけたフレンチレストラン。
店名は、長い長いフランス語でした。

料理やサービスがよかったので、「後日また食べに行こう」と盛り上がったのですが、そこでおもしろいことが起きました。

行った全員が、誰一人として長い店名を覚えていなかったのです。
覚えていないというより、覚えられなかったという方が正しかったかもしれません。

記憶力に問題ありと言われたらそれまでですが…
おそらく覚えられなかった理由は、

・フランス語で発音しにくい
・そもそもフランス語に慣れていないので覚えにくい

この2つが致命的に僕たちの記憶力に問題を引き起こしていたのです。

結局「また行こう」から、『店名を覚えられない』→『検索できない』『時間をかけて探し出すことが面倒』→『そのうち存在を忘れてしまう』といった流れになってしまい、その後話題にも上がらなくなりました。

こういった現象に陥らないためにも、サロンネーミングはあなたしか読めない店名や馴染みのない外国語を避けた名前にする。そうすることで覚えてもらいやすくなり成功へと近づくことができます。

サロンサービスと結びつくネーミング

congerdesign / Pixabay

ネーミングをみて、提供するサービスにすぐ結びつけば理想的。

例えば
・りらく→リラクゼーションサービスを提供しているんだろうなぁ

・もみもみ→身体をほぐしてくれるんだろうなぁ

・ほねつぎ→整体だな
などであれば提供するサービスをイメージしやすくなります。

またもう一つのメリットとしては『非常に覚えやすい』という点。
こういったネーミングを生み出すには労力を使うでしょうが、ここはこだわりたいポイントです。

サロンコンセプトをとりいれたネーミング

Engin_Akyurt / Pixabay

明確なコンセプトがある場合には、それに関係する名前にしてもいいかもしれません。

『まるでハワイのスパで過ごしているかのような特別で贅沢な時間』をコンセプトの一部として考えているなら、ハワイの言葉を使ったネーミングにしてみてもよいかもしれません。簡単かつ発音しやすい言語であれば、覚えてもらいやすくなります。

和風なら漢字をとりいれた、和を強調とした名前にしてみるなど。

コンセプトを取り入れたネーミングにすることで、名前とイメージが結び付きやすく覚えてもらいやすくなります。

また、サロン内の雰囲気やホームページ、ブログ、ユニフォームなどのデザインも揃えやすくなります。

しかし、なかにはどうしても「こだわりたい」「この言葉が好きで名前にしたい」など譲れない部分も出てくると思います。

そんなときは、名前の前に
地域名+ネイルサロン・アロマサロンなど立地している場所と直接サービスに結び付いた言葉を付け加えることをオススメします。

実際『ネイルサロン〇〇』や『リラクゼーションサロン〇〇』と表記しているサロンは決して少なくありません。

ただそういったネーミングをつけているサロンが多い理由は、それだけ店名だけでは何の業種かわかりにくいということを自然と自覚している証しでもあります。

それでも上にあげた各ポイントを取り入れてもらえると、お客さんはサービスと名前を結び付きやすくまた覚えやすくもなります。

なぜわかりやすい名前がいいの?

わかりやすい名前がいい理由は、
・サービスや雰囲気と結びつくことで覚えやすい
(ネーミングだけでサービスをイメージしやすい)

・ネット検索にひっかかりやすい


・目的をもったお客さんの目にとまりやすい


・会話の中で伝えやすい
などがあげられます。
まず覚えてもらわないことには始まりません。
覚えてもらえるということは、記憶に残ることでもあります。

お客さんが店名を覚えられなかった、先にお伝えしたように僕らのような経験をしなくて済むわけですね。

まとめ

成功するサロンネーミングのポイントは3つ。

・あなたしか読めない店名や難しい英語や馴染みのない外国語を避けた名前
・サービスをイメージしやすい、関係のある名前
・地域名やコンセプトも取り入れた名前

どのような業種でも最初に悩む箇所の多くがネーミング(屋号)。

オリジナルネーミングをつけようと、たくさんの時間をかけるかもしれません。
しかし前述したように、こだわりすぎてあなた以外が読めなくては意味がありません。

インターネットで【サロン ネーミング】などと検索をかければ、ネーミングに特化したサイトも複数出てくるので、そちらをヒントに考えてみてもいいかもしれません。

お客さんに、
「なんでこの名前にしたの?」
「意味はなに?」と聞かれたとき、簡単に答えられるようになると、お客さんの記憶や印象にも残りやすくなります。

ぜひ今回の内容が参考になれば嬉しいです。
それでは…

新規客獲得がうまくいかない事業主へ

新規客獲得がうまくいかない…
そんな悩みを抱える事業主は、あなただけではありません。


・流行の集客方法を試してみたけど、うまくいかない…
・必ず成果が出ると言われて試してみたけど、ダメだった…

そんな事業主の多くが、実は『たった1つのあること』を知らないために
集客に苦労しているのです。

その『あること』とは…
このメルマガ内だけにて無料公開中です。

しかも、新規客獲得だけにとどまらず、
リピーター獲得まで一気に学べる充実した内容になっています。

◉【こんな方にオススメです】


・これ以上、集客で悩みたくない
・少しでも早く売上成果を出したい
・効果的で自分に合った集客方法が知りたい
・友達や知合い以外のお客様を獲得したい
・集客で無駄な支出を増やしたくない

・リピーターを増やして売上安定・利益アップさせたい
・新規客獲得のためだけに時間や資金を使わず売上を維持したい
・効率的にリピーター獲得を目指したい
・リピーター数をさらにアップさせたい
・毎日、仕事に追われる事なく計画的に集客数を上げたい方

◉今だけ無料メルマガ特典として以下の7つを受け取れます。


無料購読する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*