Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/mtsupport01/mt-support.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

個人サロンオーナーが今よりもっと楽して働くたった1つのヒント

個人サロンオーナーが今よりもっと楽して働くたった1つのヒント

あなたは今よりもっと楽して働きたくありませんか?

頑張って自分のサロンを開業したのに…思ったより労働時間が長い。

そんな悩みに気付く方は多いのではないでしょうか。
時給になおしてみると、全然稼げてないといったことに気づくこともあると思います。

その悩みに気付いたあなたは、ラッキーです。
少しでも時間的ゆとりが持てるように、オーナー本来の仕事に取り組めるような発見ができる内容を今回はお伝えしていきます。

今の現状を変えたいオーナーさん、もっと売上をあげたいオーナーさんはぜひチェックしてみてくださいね。

わかること
個人サロンオーナーが本来取り組むべき重要なことを知ることができます。
もっと楽してサロン経営するためのヒントを理解できます。

個人サロンオーナーが今よりもっと楽して働くたった1つのヒント

個人サロンオーナーの「仕事」と「作業」

「仕事」と「作業」の違いはなに?
と聞かれて説明できるでしょうか。

今まであんまり2つの違いを意識する機会は無かったのではないでしょうか。
実際、私もアドバイザーを始めるまで意識したことありませんでした。
しかしこの2つ、はっきりと違いがあるんです。

・「仕事」とは、オーナーのあなたにしかできない売上アップを行うための活動
・「作業」とは、オーナーのあなた以外の人に任せることができる活動
の事です。

あなたの一日の労働時間の中身は、「仕事」と「作業」どちらが占める割合が大きいですか?
自分の労働時間の中身をここで振り返ってみましょう。

個人サロンオーナーが取り組むべきこと

オーナーのあなたが、優先的に取組むべきことは「仕事」
優先的に売上アップに力を注ぐべきなんですね。

とは言っても、
人を雇う余裕などない。
暇な時間もあるから「作業」をこなしている。

実際、そのような状態のオーナーさんが大半です。

できる限り出費を抑えて自分でできる事は自分でやる! そのこと自体はすごく大切です。
ですが、その考えに縛られる必要はありません。
オーナーのあなたが力をいれて取組むべき事は「仕事」だからです。
売上アップをおこなう活動に力を注ぐことで、結果的に利益が残りやすくなることも大切だからです。

作業を誰にやらせるのか

「作業」はあなたでなくてもできる活動とお伝えしました。
言い方をかえると、誰がやっても同じ結果になる活動ともいえます。

・経理作業
・備品のチェックや在庫チェック
・品物の発送
などですね。

これらを、外注化(アウトソーシングまたは外部委託とも言います)することであなたは、あなた本来の仕事に取り組める時間を確保できるようになります。

そして結果的に、作業にかかる労働時間を減らすことができるのです。

さらっと書きましたが、外注化は色々とメリットが大きいです。
しかし、誰にでも作業をお願いしても良いわけではありません。

お願いするなら職業として専門的にお仕事をされている方(税理士など)や、レベルが高く安定した人材を確保しているアウトソーシングの会社にお願いしたほうが、無駄な時間をとられなくてすみます。

外注化を取り入れてみたらどう変わる?

個人サロンを行っているあなた自身が、日々の作業に追われ心身ともに疲れている状態で、お客さんに最高のサービスを提供できるか?を考えてみてほしかったんです。

あなた自身が、時間的ゆとりを持つことで気分的にも余裕ができ、お客さんへの最高のサービスができるのではないでしょうか。

またサロンを急成長させることだって可能です。

専門性の必要ない作業をお願いする場合は、スマホのアプリなどでも簡単にお願いできるものが揃っているので探してみるといいかもしれません。

暇なお友達にお願いする方法もオススメします。
僕の場合は、別事業でチラシポスティングを暇な友達にお願いしていました。

また、信用できる友人に簡単な経理作業や商品の発送、イベント出店手続きなどをお願いしているサロンさんもいます。もちろん謝礼をそれなりにしているようです。

まとめ

個人サロンオーナーが1番取り組むべきことは「仕事」であるとお伝えしました。
「作業」は誰がやっても同じ結果になることで、外注化をおこなうことで作業量を減らすことができるとお伝えしました。

ぜひ、今あなたが日々こなしている事を「仕事」と「作業」に振り分けてみて、どれくらいの割合なのか、そして外注化出来る事が可能なのか確認してみてくださいね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*