Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/mtsupport01/mt-support.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

優良リピーターであふれる人気サロンにする3つのポイント

優良リピーターであふれる人気サロンにする3つのポイント

今日から11月ですね。
ハロウィンも終わり次のイベントはクリスマスとなりました。この記事を投稿し終えたらクリスマスツリーを出そうと決めています。

さて今回はただリピーターを増やすための話ではありません。

あなたにとってメリットの多い『優良リピーター獲得』についての内容にまとめています。
今以上に楽しくラクしてお仕事をしていくには『優良リピーター獲得』は外せません。

今回紹介する3つのポイントはクレーム客を出さないためにも応用できます。

こんな方におすすめ
・優良リピーターを獲得したい
・クレーム客の多さに困っている
・今のリピーターを優良リピーターに育てたい

わかること
・優良リピーター獲得の方法
・今の顧客を質の高い優良リピーターへと変える方法
について知ることができます。

優良リピーターであふれる人気サロンにする3つのポイント

3種類のリピーター

リピーターには大きくわけると
・優良なリピーター
・普通のリピーター
・問題のあるリピーター
3つがあります。

優良と普通のリピーターはなにも問題はありません。
しかし厄介なものが「問題あるリピーター」。

別名「モンスターリピーター」と僕はよんでます。笑

「問題のあるリピーター」とは
・予約時間を守らない
・予約を取らずに直前でいつも電話をしてくる
・サービス意外の要求をしてくる
といったことを平気でおこなうリピーターのこと。

「問題あるリピーター」がいる原因はズバリ『教育』ができていないということ。
言い換えればお客さんは『教育』して優良リピーターへと育てることができるわけです。

もし『教育』ができていなければ今からでも『教育』していく必要があります。

最初のうちは「せっかく来てくれているのだから」「うちを選んでくれてるから」と問題行動に目をつぶってしまった…その結果が「問題あるリピーター」つまり「モンスターリピーター」へと変貌させてしまった原因なのです。

こういった原因の元は
・売上のために仕方なく要求や行動を許す
・客数を減らしたくないから我慢する
といった場合がほとんどです。

しかし、「問題あるリピーター」がずっと利用しつづける状態がこの先続くとなるとサロン集客や経営にも良い影響を与えません。

なによりオーナーのあなたのモチベーションを下げてしまう可能性だってあるのです。

ではどうしたら良いでしょうか。
次で詳しく紹介します。

優良リピーターに育てる3つのポイント

役立つ情報の発信

役立つ情報をどのような形であれ、お客さんに与えることで意識を変えることが可能です。そして熱心に通い続ける優良リピーターへと変えることも可能です。

情報の発信方法はメルマガでもブログでも構いません。ニュースレターでもいいでしょう。

常に「役立つ情報」を配信しつづけ『導く』ことで、お客さんからあなたは『先生』として認識されるようになります。立場がはっきりしてくるわけですね。

効果的なものだと、されて嫌だったことなどを反省交じりに配信してもいいわけです。

  • 予約時間を守ってくれなくて嫌だった
    →時間を守ってくださいと伝えていなかったのでそこが私の反省点です。
  • 突然の予約の電話が入った
    →今回たまたま予約が空いていたので直前で予約がとれてよかったです。

あくまで独り言のような文章になるように書くことがのぞましいです。やんわりと伝えるわけですね。

むやみに規則を設けてしまうとお客さんは窮屈に感じてしまいかねません。
また新規客にとってハードルの高い店舗だと認識されてしまう可能性もあります。

規則を設けずに、お客さんの良心に訴えかける策をとっていく手段を選んだほうがよいでしょう。

将来の夢を共有する

お客さん自信が持っている将来の夢について確認してみましょう。初回利用時に問診や聞き取りを行いながらそれとなく聞きだします。

サロンを利用した理由や意味を改めて認識させてみましょう。

・どうなりたいのか?

・希望がかなったり、悩みや問題が改善されたら何をしたいのか?
・理想の生活はどのようなものか?

このような質問をすることでお客さんにとっては、単なる一つのサロンではなく自分の『人生』を共有してくれるサロンだと感じることができます。

もちろん、あなたの夢も伝えてみてください。お互い『共有』することで、お客さんもあなたのサロンを応援してくれるようになります。

接触し続ける

知らない人でもよく会う人には、少なからず好感を持つことが心理学の研究結果でわかっています。人は接触する頻度が高いほうが好感を持ちやすいのです。

これを単純接触効果といいます。
アメリカの心理学者ロバート・ザイアンスが60年代に論文で発表しました。

あなたのサロンでもこれを取入れて、来店時意外での接触を増やしていくことを意識してみましょう。

ネット環境がこれだけ整っている現在では、
・ブログ
・facebook
・インスタグラム
・LINE@
・メルマガ
・ニュースレター

など豊富にツールがあるのでうまく活用してみましょう。

アナログ手法「お手紙」もかなり有効です。

まとめ

今回の3つのポイントですが、何もお客さんに「ああして…こうして…」と直接教育するわけではないんですよね。

身近な連絡ツールを利用して、独り言のように伝えたいことをやんわりと発信し続けていく。
お客さんの良心に訴え、あなた自身されて嫌なことを知ってもらう。

それと同時にお互いの夢を共有するなどして距離を縮めていく。

そうすることで、大半のお客さんは優良なリピーターへと変貌をとげるでしょう。
しかし、中には相変わらず問題のあるリピーターもいるでしょう。

そんな問題あるリピーターに時間を取られたり、気疲れしてしまうことは無駄なので思い切って関係を絶つことも必要かもしれません。

今回の3つのポイントは、日々の関わりを通して自分自身・お客さん自信が成長できるきっかけづくりをおこなう手法だとも思っています。

ぜひあなたも今回の3つのポイントを参考にされてみてください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*