fbpx

今日からできる!客単価アップのための3つの方法

今回は、即客単価アップを狙え、簡単に取り組める3つの方法を紹介します。

客単価で悩まれている方、単価アップの方法を知りたい方はぜひチェックしてみてくださいね。

今日からできる!即客単価アップのための3つの方法

客単価アップのメリット

客単価アップをおこなうことで、

・収益を上げることができる
・利益を投資やサービス向上のために積極的に使える
・お客さんの満足度が上がり、さらなる収益拡大につながりやすくなる

といったことが狙いやすくなります。

客単価アップ3つの方法

価格を上げる

単価アップのもっとも簡単な方法としては、単純に『価格を上げる』ということ。
低価格だけがお客さんを満足させるわけではありません。

提供するサービスや商品の価値をしっかり打ち出し伝えることができれば、価格変更を行い単価を増やすことは十分可能なのです。

もちろん、現状価格よりも価格を上げる場合には『それなりの納得できる理由』も必要になってきます。

価格を上げることで、既存客の中には離れてしまうお客さんも一定数出てきます。
利用されなくなることは悲しいことですが、見方を変えれば『安さに惹かれて利用していただけのお客さん』だったということです。

つまり、サービスや商品にあまりこだわらないお客さんであり、そういったお客さんほど更に安いライバル店へ移ってしまう可能性が十分にあったということです。

価格設定を設ける

2つ目は『価格設定を設ける』こと。
価格設定を3段階に設けることで、約半数以上が真ん中の価格のものを選択するという心理を利用した単価アップ術です。
松竹梅のようなランク儲けましょう。

ここでの単価アップの秘訣は、1番売れる価格帯のものを真ん中に設定するということ。そしてその価格自体を目指す客単価に設定するということが秘訣になります。

今日からできる!客単価アップのための3つの方法

 

セットメニューを用意する

関連サービスや商品がある場合には『セットメニュー』にしましょう。
この代表的な例は、マクドナルドのセットメニューです。

ハンバーガー・ポテト・ドリンクそれぞれは単品でも購入できますが、セットで購入したほうがお得になり手間が省けます。また『セットメニュー』にすることでコンセプトも生まれやすくなります。

もし関連サービスや関連商品が揃っている場合にはぜひ『セットメニュー』にしてお客さんに提供してみましょう。

原価率にばらつきがあり、原価率が高く利益が出にくいものであっても原価率のかからないものとセットにすることでトータルで利益を出しやすくなります。

今日からできる!客単価アップのための3つの方法

以上3つの取り組みで客単価アップは確実にしかも即上げることが可能になります。
単価アップは、基本的な見直しから始まります。

客単価アップの前にやっておきたいこと

それは
・コンセプトを見直す

そして、
・価格の見直し
・人気サービスや商品だけに絞る&セットメニューを取り入れる
・価値や魅力の発信の見直し

これらをおこなう理由は、価格を上げることによる失敗を避けるため。
やみくもに価格を上げたりメニューを増やすのでなく、価値の見直し・メニューの整理・価値の発信が大切になります。

まとめ

3つの方法を紹介しました。

・価格を上げる
価格を上げるなら、価値をしっかり打ち出し伝えることが重要です。また『納得できる理由』も添えましょう。

価格値上げで離れてしまうお客さんは、無視してしまいましょう。

・価格設定を設ける
松竹梅と3段階の価格設定を儲けましょう。
一番人気のものを真ん中に、そして目指す客単価に設定することで客単価アップを狙うことが可能です。

・セットメニューを用意する
関連のあるもの同士をセットにしましょう。
お客さんに喜ばれやすく、お得で手間も省けます。またトータルで利益も出しやすくなります。

そして
・価値の見直し
・メニューの整理
・発信の見直し

も見直していけば客単価アップが確実なものとなってきます。
今回の記事内容をぜひ参考にされてみてくださいね。
それでは…

その他の売上アップに関する記事はこちらから

リピーター獲得のための無料メルマガ【書籍プレゼント】

苦労して獲得した新規客…
しかし、なにもしなければ
この先ずっと同じ苦労を続けなければいけません

永く安定的に経営を続けていくためにもっとも重要なことは
リピーターを効率よく獲得し増やし続けていくかということ。

もしあなたが
・リピーター獲得に不安を抱えている
・リピーター獲得の具体的方法がわからない
・なるべくコストをかけず、リピーターを獲得したい
といった悩みをもっているなら
この本はあなたにとって新しい知識と概念を与えてくれる必須の書になることでしょう。

詳しく見てみる

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*