Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/mtsupport01/mt-support.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

コンサルタントに頼る無駄のないタイミングとは?

コンサルタントに頼る無駄のないタイミングとは?

相談に来られたオーナーの共通発言の一つに「頼るタイミングがわからなかった」「しらなかった」というものがあります。

「どのタイミングでお願いしたらいいのか?」
「助けてほしいけど、まだ自分だけでなんとかなりそうと思う…」
「頼るときにはすでに資金不足になってるから頼るタイミングが難しい」
セミナーや交流会ではこういった質問や発言が聞かれます。

コンサルタントや私のような集客アドバイザーに頼るタイミングって確かに考えちゃいます。
今回は、『頼るタイミング』についてお伝えしていきます。

今日わかること
あなたにもっとも合った且つ資金や時間を無駄にすることのない最高のタイミングがわかるようになります。

コンサルタントに頼る無駄のないタイミングとは?

失敗のプロ

相談に来られるオーナーのパターンにはいくつかの共通点があります。
どんなものかと言うと、

もっとも多いものが、
・集客できず経営がすでに危うい
・資金力が低下してこのままでは廃業になる
ギリギリ状態のパターン。

逆に、
・開業前、開業してすぐ
のパターンは圧倒的に少ないです。

この二つのパターンには、違いがあります。
それは『経験』

つまり前者は『失敗するプロ』失敗の経験をたくさん積んでしまっている状態です。
オーナーの多くが、なるべくお金をかけずに自分でできることは自分でこなそうとします。

そこで運良く結果が出てくれたら良いのですが、残念ながら集客はそう簡単ではありません。
大半のオーナーは失敗してしまいます。

そこから学び改善してまた挑戦の状態をずっと繰り返せれば良いのですが現実はそう甘くありません。

・ただでさえ集客できず利益がない
・失敗すれば売り上げにつながらない
・出費は増えるばかり
・気持ちが落ちる
・あせりが出る
・判断を誤り負の連鎖に陥る

こういった方が非常に多いです。
豊富に資金があれば、まだ良いのですが…

経験することはいいことですが、もしかしたらその時間とお金をもっと他のことに回せたかもしれません。

つまり失敗から何かを学び、次に活かすためにはパワーも資金も必要ということ。もちろん冷静な判断力も。

タイミングとは?

相談にこられたオーナーさんたちに伝えていることは、
『頼りたいときが頼るベストタイミング』だということ。

少しでも
「お願いしてみようかな…」と思ったときが行動に移すべき最善の策です。

「まだ、なんとかいける」
「自分の力でやり遂げるんだ」
「ギリギリまで粘ろう」
そう思っていても、その道のプロに頼る方が圧倒的に楽で速いことは理解できると思います。

だから、最初からお願いしてもなんら問題はありません。
なぜなら開業後に無駄に悩みを抱えなくて済むから。

本当のことをお伝えすれば、資金も豊富でオーナー自身がやる気に満ちた状態の方が結果に結びつきやすく成功する速さも違います。

でもそうじゃなくても、決して手遅れではありません。
お願いしてみようと思ったとき、気付いたときがあなたのタイミングなんですよね。

頼られたら全力で手を差し伸べ協力することが私たちアドバイザーやコンサルの仕事だからです。

多くのコンサルタントやアドバイザーは無料相談を行なっています。
無料相談を活用して、あなたが大丈夫だと思えるコンサルタントやアドバイザーを見つけてみてください。

お願いを決めたとき、金額が気になりますが分割支払いなど対応しているとこもあるので相談してみることをオススメします。

経営がすでに危うい状態であればあるほど、いくら経験豊富なアドバイザーやコンサルといえど、出来ることが限られてくるので少しでも早く行動することをオススメします。

持つべき心構え

コンサルタントやアドバイザーを頼るオーナーにどうしても伝えたいことがあります。
それは、オーナーのあなた自身が『学ぼうとする気持ちを持ち続ける』ということ。

私の場合は、丸投げするオーナーさんとの契約は絶対しません。
なぜなら、お金だけのやりとりの関係ではアドバイザーの仕事は成り立たないから。

オーナー自身のことを知り、ビジネスのことを知る。
そして得た情報から、独自の強みとなる要素を見つけ出し集客に活かせるように一緒に考え、持っている知識をフル活用して集客に取り組みたいという思いを持っているから。

このスタンスを持っているからこそ、丸投げを拒否しています。

頼って来られる方自身も成長してもらい、いずれは必要としなくなってほしい気持ちを持っているからなんです。

だから学ぶ気持ちを大切にしてほしいわけなんですね。

まとめ

コンサルタントやアドバイザーを頼るタイミングは
『頼りたいときが頼るとき』
「お願いしたほうがいいかな」と思ったときがそのタイミングだということ。

早ければ早い方が良い。

経験を積むことは大切ですが
失敗のプロになる前に、コンサルタントやアドバイザーにお願いしてみてくださいね。

では…

PS.
Mt-supportでも無料相談を受け付けています。
一度、相談してみたいという方はお問い合わせからご連絡いただければ折り返しご連絡差し上げています。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*