fbpx

【初級編】ユーチューブを使った動画集客法

【初級編】ユーチューブを使った動画集客法

今回の内容は、動画集客【初級編】です。これから、動画集客に取り組みたい方や動画集客の基本を再度確認したい方に為になる内容となっています。

なぜ今動画集客なのか?

Sibent / Pixabay

検索をかけると画像のようにユーチューブ動画での検索結果が表示されるようになりました。

世界的にみてユーチューブの閲覧数は増加傾向にあり、文章よりも手っ取り早くそして映像を使った解説などで理解しやすいということが利用される理由でもあるようです。またグーグルも優先的に検索結果に動画をあげるようになりました。

実はユーチューブを使った動画集客は数年前からおこなわれており、当時は1分にも満たない自己紹介だけの簡単で短い動画内容で、効果的に集客に成功した個人事業主もいました。しかし現在では、グーグルの性能もあがり、こういった簡単な内容の動画では上位表示も難しくなってきています。

では、どうすれば効果的に成果を上げられる動画集客が可能になるのか?基本的なことをお伝えしていきます。

【初級編】ユーチューブを使った動画集客法

はじめに

kpuljek / Pixabay

動画集客で一番気をつけたいことは絶対に動画内で売り込まないということ。
ユーチューブ動画をCMとして使わない。これさえ守れば、見込み客が離れる確率はぐんと減り、継続して動画集客に取り組むことが可能になります。

売れる動画の3つの要素

商品をわかりやすく説明する

niekverlaan / Pixabay

動画内では、商品を実際に紹介しましょう。
サービス提供の場合は、実際にサービスを提供しているシーンを見せることも大切です。

そしてお客さんに対して便利な点を紹介することを忘れずにおこないます。もちろん、その先にあるベネフィットも伝えるとさらによいでしょう。

また使用例やコツなどを追加で紹介すると、より理解が進み購入したい気持ちが高まります。

誰が販売しているのか明確にする

bogitw / Pixabay

売る人間、つまりあなた自身を知ってもらうことは非常に重要なこと。
動画をとおして、あなたの顔や話し方また熱意が伝わります。

最初は下手でも構いません。下手だからといって、撮り直しをせずありのままの姿をさらけ出すことも時には必要です。きっちり決めすぎて話し方も普段と違えば、実際会った時に違和感を持たれやすくなってしまいます。

コミュニケーションをとる

RyanMcGuire / Pixabay

動画集客は、動画を使い見込み客に親近感を感じさせるメリットがあります。より親近感を高めるためには、1本の動画だけでなく複数用意する必要があります。

複数用意するためには、短くつくり配信する。特に何分必要といったものはありませんが、長く解説やポイントをだらだらと紹介する動画よりも、1本の動画で1つのことを伝える短い動画だと、見やすく作る側にとっても負担になりにくくなります。

動画は信頼関係を構築するためもですが、見込み客と距離を縮めるためにも有効であることを覚えておいてください。結果的に、親近感を感じさせることに成功すれば、認知度と購買成約率は上がります。

必要最低限で撮影する

用意するものは以下の3つだけ

スマートフォン
三脚
商品

最近のスマートフォンは画質も一眼レフと同等で綺麗に撮れます。
ですので、撮影のために高額な機材を揃える必要はありません。もちろん、最新スマートフォンでなくても、とりあえず撮影できれば問題はありません。

三脚にスマートフォンを固定し、画面が明るく見える状態で動画収録をおこなうとよいでしょう。

夜間に人工灯の下で収録するよりも、昼間の自然光で収録できると顔が明るく写るのでオススメです。

もちろん紹介する商品も忘れず用意したいところです。

さて、今回いかがだったでしょうか?
もしあなたがこれから動画集客に取り組みたいと思っているなら、今回の記事が少しでもお役にたてたなら嬉しいです。

その他のインターネットを活用した集客に関する記事はこちらから
それでは…

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*