Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/mtsupport01/mt-support.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

集客で損したくないオーナーへ。ライフタイムバリューを知ろう

集客で損したくないオーナーへ。ライフタイムバリューを知ろう

あなたはライフタイムバリューってご存知ですか?

なにやら、聞き慣れないカタカナ用語が出て来ました。
でも安心してください。今回、とってもわかりやすい形で初心者向けに説明しています。

こんな方にオススメ
無駄なコストを発生させず計画的に集客をおこないたい方
毎月、広告費の出費が気になっている方

わかること
ライフタイムバリューについて、初心者向けにわかりやすく説明しています。
その意味や計算方法、目的までわかりやすく簡単に知ることができます。

集客で損したくないオーナーへ。ライフタイムバリューを知ろう

ライフタイムバリューとは?

ライフタイムバリュー Life time value (略してLTV)は、お客さんが生涯であなたのサービスや商品に支払う総金額を表します。

これを『顧客生涯価値』といいます。

例えば
あるお客さんがリピーターになり5年間通ってサービスや商品を購入したとして、その5年の間で総額50万円の支払いがあった場合、そのお客さんのLTVは50万円ということになります。

なぜ知る必要があるの?

LTVを知ることができれば、今現在までのお客さん一人当たりの支払い金額を知ることができます。

また一般的に『カスタマーロイヤリティ(顧客が企業に対する愛着)』が高いほど、1人の顧客がもたらすLTVは高くなる傾向にあると言われているので、愛着度がどれくらいあるのか知る指標にもなります。

LTVを知ることができれば、新規客獲得にどの程度の費用が必要なのか?といった目安を持つこともできます。ですから、むやみやたらと広告費を使い続ける状況に対策を打てるわけです。

計画的にしかも、計算的に集客戦略をたて効率的に経営していくことができるわけですね。

わかったこと
・現在までの一人当たりの支払い金額を知ることができる
・愛着度の高さを知ることができる

LTVを知ろう

次は計算式をみていきましょう。
わかりやすく説明するので、しっかりついてきてくださいね。

売上の計算式は
【売上=顧客数×客単価×来店回数】 です。

売上をさらに細かく見ていくと次の要素で成り立っていることがわかります。

顧客数=来店されるお客の人数
客単価=1回の利用で支払う金額
来店回数=来店してくれる回数

仮に、100人の方が年間平均で6回来店、毎回1万支払ったとすると、売上は

売上(600万)=顧客数(100人)×客単価(1万)×来店回数(6回)

600万になります。
一人当たりのLTVを知りたい場合は

【LTV(顧客生涯価値)=年間総売上÷年間顧客数】
の計算式から導き出せます。

LTV (?)=年間総売上(600万)÷年間顧客数(100人)

LTVは6万円になります。

LTVは、サロン全体の顧客や顧客一人一人についてもそれぞれ出すことができるので上でお伝えした式を使い算出してみてください。

わかったこと
・年間総売上=顧客数(年間)×客単価(平均)×来店回数(平均)
・LTV=年間総売上÷年間顧客数

LTVを増やすには?

LTVを増やすためには3つの方法があります。

購入単価を高める

購入単価を高めるためには、セット売りが一番効果的でしょう。
・関連性のあるサービスや商品をまとめて、専門セットとして売り出す
・プレミアムとして、高価なサービスや商品の組み合わせ

など工夫ができます。

購入頻度を高める

購入頻度を高めるためには、適切なアフターフォローがもとめられます。
これを取り入れる場合は
・来店時期になったころに、来店を促すメルマガや案内を送る
・新サービスや商品の紹介で来店を促す

などの手段を使います。

継続期間を伸ばす

購入単価・頻度を高めれば、特に取り組む必要はありません。
お客さんは自然と定着します。

サービスや商品がお得に購入できる期間を設けたり、お得意様だけ限定のプレミアム感あるサービスや商品を設けたりと工夫することで高めることができます。

まとめ

ライフタイムバリューとは、ビジネスの動きを数字化することで計算的に集客戦略をたてて効率的に経営していくことができるための大切なものです。

LTVを高める取り組みも、もしかしたらあなたが普段から取り組まれていることかもしれません。
ぜひ今回の内容をあなたのビジネスにも取り入れて計画的に集客していく参考にされてみてくださいね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*